冥王代生命学の創成
ENGLISH
班員専用
冥王代生命学の創成 > 研究領域

研究領域

研究領域


A01班: 冥王代地球(代表 丸山茂徳)
生命誕生場となった冥王代地球表層環境を復元し、惑星形成理論と整合的な生命誕生場モデルを提案します。

A02班: 冥王代化学進化(代表 H. Cleaves)
多様で動的な環境条件を再現する複数のリアクターを接続することで、生命始原分子から高次構造体の前生物的合成に至る、多段階の化学進化を連続的に実現します。

A03班: 冥王代類似環境微生物(代表 鎌形洋一)
冥王代類似環境微生物の培養化・ゲノム解読・分子進化解析・ゲノム操作等を通じて原始的生命体のゲノムを再構成し、半人工生命実験により原始的ゲノムをもつ生命体を創出し、原始的な生命機能を推定します。

A04班: ポスト冥王代(代表 磯崎行雄)
世界中で 35 カ所ある太古代地殻分布域において、網羅的に地質調査および岩石採取を実施し、冥王代地質証拠を確保します。

A05班: 生命惑星(代表 戎崎俊一)
大陸、海洋、大気の三要素間を物質が循環する Habitable Trinity が成立する惑星形成条件を明らかにします。

A06班: 冥王代生命学の創成公募班(平成27-28年度)
冥王代地球(A01)、冥王代化学進化(A02)、冥王代類似環境微生物(A03)、ポスト冥王代(A04)、生命惑星(A05)の5つの計画研究項目を横断する斬新かつ挑戦的な研究を行います。

総括班(代表 黒川顕)
地球惑星科学と生命科学からなる学際融合研究の連携の核となる「地球生命研究グローバルセンター」を設置し、領域全体の運営を行います。また、研究で得られた試料、微生物株、解析結果などを収録する「地球生命アーカイブ」を構築し、国内外に広く開放します。