冥王代生命学の創成
ENGLISH
班員専用
冥王代生命学の創成 > 研究領域 > A06班: 冥王代生命学の創成公募班 > RNA型原始細胞モデルの構築 (梅影 創・豊橋技術科学大学)

A06班: 冥王代生命学の創成公募班

RNA型原始細胞モデルの構築 (梅影 創・豊橋技術科学大学)

sUmekage原始地球上では、先ずRNAの自己複製システムを基盤とするRNAワールドが誕生し、これが現在の生命システムの根幹となったとする考え(RNAワールド仮説)が、広く受け入れられている。しかし、RNAは、①DNAやタンパクに比べて化学的、生化学的に不安定であるためRNAワールドの成立そのものに疑問がもたれること、②RNAの自己複製が実験的に証明されていないこと、などの問題点が指摘されている。
私たちの研究グループでは、上記のRNAワールド仮説の弱点を実験的に補強することを目的として、化学的および生化学的に安定なRNA構造や配列の探索を行ってきた。この研究を進めていくなかで、RNAがDNAの鋳型なしに、すなわちRNA配列を鋳型としてRNAが合成され、しかも指数関数的な増幅を示す新規な現象を見出した。このRNAの増幅現象は、RNAワールドにおいてRNAの自己複製システムが存在し得たのかという問題点を実験的に例証しうるものとして期待される。
そこで、本研究ではこのRNAが増幅する現象をRNAワールドでのRNA増幅モデルとしてこの現象を解明し、さらに、脂質二重膜内でこのRNA増幅を再現するRNA型原始細胞モデルを構築する。これにより、化学進化からRNAワールドを経て膜構造を獲得し原始細胞の誕生に至る進化の変遷をワンポットで実現することを目指す。